Pages

2017年5月4日木曜日

第926回toto結果

第926回totoは1等386万1,868円が23口も誕生しました。
1等当選者の皆さん、おめでとうございます。

くじ結果
22122 10011 011

6-4-3
ホーム勝利(1)6試合 アウェイ勝利(2)4試合 引き分け(0)3試合

Mr.Bigは最高7/13でフィニッシュ。1年に1度のBIGチャンスに惨敗です。
終わってみれば順当な結果でしたが、ルヴァンカップとの混合だった為、
深く読み過ぎました。リーグ戦なら横浜FM勝利と読みますが、戦力の
入れ替えを予想し、引き分けにマーク。実際にはO.Gでの得点ということも
あり、どちらに転んでもおかしくない展開でした。

今回、山形のシングル勝ちをマークしたのが最大の誤算。
実は過去6年に渡る5/3開催totoで7枠は全て1という結果に終わっている為、
ここは思い切ってデータを信じました。しかし撃沈。。水戸と引き分けに
終わっています。大分-松本戦も松本アウェイ勝利をマークして外し、
結果は引き分け。他にも的中せず、結果は惨敗でありました。

次回は二度目の中2日、J1リーグ戦が5/6、そしてJ2指定試合が5/7に
開催です。1年を通じて最も当てやすいtoto開催。連戦により、
十分なパフォーマンスが出せないチームとホームの後押しにより、
普通以上のパワーを発揮するチームとの駆け引き。2017年最後の
GW開催をしっかり対策して高額当選GETしたいと思います。

2017年4月30日日曜日

第925回toto結果

第925回totoは1等当選無し、次回キャリーオーバー発生となりました。

くじ結果
12210 11122 221

6-6-1
ホーム勝利(1)6試合 アウェイ勝利(2)6試合 引き分け(0)1試合

Mr.Bigは最高8/13でフィニッシュ。このところ10試合以上の的中がありません。
次回は中2日での5/3一斉開催です。1年を通じて最も当てやすいtoto開催
と思いますので、しっかり対策して高額当選GETしたいと思います。

第923回toto結果

第923回totoは奇跡の1等5,035万9,855円1口誕生しました。
高額当選者の方、おめでとうございます。

くじ結果
10021 21210 112

6-4-3
ホーム勝利(1)6試合 アウェイ勝利(2)4試合 引き分け(0)3試合

Mr.Bigは最高7/13でフィニッシュ。今回も惨敗でありました。
いよいよGW連戦になります。次回こそ高額当選を目指しましょう!

2017年4月19日水曜日

第921回toto結果

第921回totoは奇跡の1等1億2,000万4,500円1口誕生しました。
※当選金の数字の並びが正しいのか分かりませんがw
何はともあれ高額当選者の方、おめでとうございます。

くじ結果
20200 22122 211

3-7-3
ホーム勝利(1)3試合 アウェイ勝利(2)7試合 引き分け(0)3試合

Mr.Bigは最高7/13でフィニッシュ。惨敗でありました。
熊本はホームの意地を見せましたね。
それにしてもキャリー発生でもおかしくない結果でした。それが1口いたのかと。
多くの皆さんが失望されたと思いますが、もう一度気を取り直して、
次回チャレンジしていきましょう!

2017年4月8日土曜日

第919回toto結果

第919回totoは1等当選無し。札幌ホーム勝利や金沢、町田のアウェイ勝利もあり、
大方の予想を覆し、キャリーオーバー発生となりました。次回に期待です。

くじ結果
02122 11121 012

6-5-2
ホーム勝利(1)6試合 アウェイ勝利(2)5試合 引き分け(0)2試合

Mr.Bigは最高8/13でフィニッシュ。mini toto Aに至っては4/5ということで、
あと1試合的中していれば1等当選でした。
今シーズン勝利のない大宮のホーム勝利を予想し、シングルでマークしたものの、
結果はアウェイ神戸の勝利。大宮は悪夢の開幕6連敗。。。何も言葉がありません。





2017年4月2日日曜日

第917回toto結果

第917回totoに於いて、1等336万2,865円が15口誕生しました。
高額当選の皆さま、おめでとうございます。

くじ結果
22211 02210 112

5-6-2
ホーム勝利(1)5試合 アウェイ勝利(2)6試合 引き分け(0)2試合

Mr.Bigは最高9/13でフィニッシュ。今回も当選を逃しました。残念。。











終わってみれば、順当な結果でした。
アウェイながら、川崎、G大阪、浦和、鹿島の勝利は堅かったですし、
トリプル、ダブルを使用すれば、恐らく3等以内はGET出来たでしょう。
このところドロー試合が少ない為、当選しやすいのかもしれません。
次回4/8は同日一斉開催のtotoとなります。ここで一気に勝負いきましょう!

2017年3月31日金曜日

第916回toto結果

第916回totoに於いて、1等728万6,951円が5口誕生しました。
高額当選の皆さま、おめでとうございます。

くじ結果
12112 12020 211

6-5-2
ホーム勝利(1)6試合 アウェイ勝利(2)5試合 引き分け(0)2試合

Mr.Bigは最高7/13でフィニッシュ。今回は惨敗でありました。
何がどう見誤ったかという分析以前の話で、J2リーグは読み切れない、
J3は知らないということで、非常に厳しい結果になりました。

今週末は再びJ1とJ2を対象としたtoto開催となります。
日本代表戦の影響がどう出るか。しっかり対策して高額当選を狙いたい
と思います。

※2017年のJリーグ中継はスカパーからDAZNに放送権が移りました。

現在DAZNはドコモと提携し、ドコモ利用者への割引サービスを実施しています。
「DAZN for docomo」月額980円、「DAZN for docomo」と「dTV」セット割で1,280円です。DAZN契約の際、各プランをご確認ください。 

dTV

2017年3月22日水曜日

第915回toto結果

第915回totoに於いて、1等1億346万6,370円が1口誕生しました。
高額当選者の方、おめでとうございます。

くじ結果
10211 21101 112

8-3-2
ホーム勝利(1)8試合 アウェイ勝利(2)3試合 引き分け(0)2試合

Mr.Bigは最高9/13でフィニッシュ。今回は当選を逃しました。
初日に2試合(札幌-広島戦、神戸-磐田戦)を外し、それでも何とか
2日目に望みを賭けるも、福岡-熊本戦、G大阪-浦和戦を外し、
結局4試合を外してしまいました。

外した4試合のうち、神戸と福岡のホーム勝ちは読めていたのですが、
神戸の開幕4連勝はないだろうと深読みしたこと、九州ダービーという
ことで引き分けをマークしたことが裏目に出ました。
やはりダービーはトリプルで抑えておくべきでしたね。














J1リーグ戦はW杯予選の為、一時中断となり、今週末はJ2とJ3を対象とした
toto開催となります。またしても波乱が起きる予感がしますが、しっかり対策
して高額当選を狙いたいと思います。

※2017年のJリーグ中継はスカパーからDAZNに放送権が移りました。

現在DAZNはドコモと提携し、ドコモ利用者への割引サービスを実施しています。
「DAZN for docomo」月額980円、「DAZN for docomo」と「dTV」セット割で1,280円です。DAZN契約の際、各プランをご確認ください。 

dTV

2017年3月14日火曜日

第913回toto結果

第913回totoは1等当選無し、次回キャリーオーバー発生中です。

くじ結果
02122 11100 001

5-3-5
ホーム勝利(1)5試合 アウェイ勝利(2)3試合 引き分け(0)5試合

Mr.Bigは最高7/13でフィニッシュ。札幌-C大阪戦の引き分けを読み切れず、
大宮-磐田戦も大宮勝利とマークして外し、鳥栖-広島戦で引き分けにマークし、
初日で終了しました。今回は引き分け5試合の予想は大変難しかったと思います。













今週は水曜日にカップ戦がある為、週末のリーグ戦にどう影響するか、
しっかりと分析して予想を立てたいと思います。




2017年3月6日月曜日

第911回toto結果

第911回totoは1等6,487万5,090円が2口誕生しました!
高額当選者の皆さま、おめでとうございます!

くじ結果
12212 11202 001

5-5-3
ホーム勝利(1)5試合 アウェイ勝利(2)5試合 引き分け(0)3試合

Mr.Bigは最高9/13でフィニッシュ。惜しくも当選には至りませんでしたが、
シングル100円購入で9試合的中ですから、悪くないと思います。
4試合をトリプルもしくはダブルで抑えていれば、3等以内はGET出来たと
思われます。尚、mini BIGでは3等(4,140円)1口当選しました。



外した4試合は、3/4(土)1試合(横浜Fマリノス-コンサドーレ札幌)、
3/5(日)3試合(柏-G大阪、川崎F-サガン鳥栖、レノファ山口-アビスパ福岡)
でした。特にJ1のG大阪、川崎Fは前日に行なわれた他会場の結果を受け、
絶対に負けられない!と奮起した可能性が高いですね。
この辺りを考慮し、この2試合をトリプルもしくはダブルで抑えていたら、
3等GETは堅かったでしょう。次回またチャレンジです!

2017年2月27日月曜日

第910回toto結果

第910回totoは1等当選無し、次回キャリーオーバーとなりました。
Jリーグ開幕戦でしたが、大方の予想を裏切る結果となりました。

くじ結果
12022 10201 211

ホーム勝利(1)5試合 アウェイ勝利(2)5試合 引き分け(0)3試合

J1では、広島のホーム勝利は堅いと思ったのですが、新潟と1-1で引き分け、
C大阪もホームで磐田にスコアレスドロー、G大阪は後半ATで甲府に
追いつき、1-1の引き分けとなりました。

浦和と鹿島の勝利にマークした方が多かったと思いますが、
ACLの連戦によるコンディション低下があったのかどうか。

J2では、キングカズ50歳バースデーマッチということで、
横浜FCの気合勝ちですね。大分は下剋上勝利となりました。
名古屋は順当勝ちですね。

Mr.Bigは最高10/13でフィニッシュ。スカパー解約後、DAZNとの視聴契約は
これからなので、今シーズンの試合を観ていない中、まずまずの的中率では
ないかと思います。早速、第911回totoに向けた情報収集、分析を行ないたいと
思います。

現在DAZNはドコモと提携し、ドコモ利用者への割引サービスを実施しています。
「DAZN for docomo」月額980円、「DAZN for docomo」と「dTV」セット割で1,280円です。DAZN契約の際、各プランをご確認ください。

dTV

2017年2月20日月曜日

2017開幕試合toto予想

ゼロックススーパーカップも鹿島勝利に終わり、いよいよ今週末はJリーグの
2017年シーズンが開幕となります。これから1年間の長い戦いが始まります!

第910回toto対象試合は下記の通りです。
※①~⑨まではJ1試合。⑩~⑬まではJ2試合。

①横浜FM-浦和
②鹿島-FC東京
③広島-新潟
④清水-神戸
⑤鳥栖-柏
⑥仙台-札幌
⑦C大阪-磐田
⑧大宮-川崎
⑨G大阪-甲府
⑩愛媛-金沢
⑪福岡-大分
⑫横浜FC-松本
⑬名古屋-岡山

簡易的にtoto予想をしてみましょう。
まずtoto対象13試合を1(ホーム勝利)か2(アウェイ勝利)のいずれかに
マークします。

①横浜FM-浦和 2
②鹿島-FC東京 1
③広島-新潟 1
④清水-神戸 2
⑤鳥栖-柏 1
⑥仙台-札幌 1
⑦C大阪-磐田 1
⑧大宮-川崎 2
⑨G大阪-甲府 1
⑩愛媛-金沢 1
⑪福岡-大分 1
⑫横浜FC-松本 2
⑬名古屋-岡山 1
※1(ホーム勝利が9試合)2(アウェイ勝利が4試合)

次に、この予想をベースに「0」(引き分け)を加えていきます。

①横浜FM-浦和 2
②鹿島-FC東京 1
③広島-新潟 1
④清水-神戸 2
⑤鳥栖-柏 1
⑥仙台-札幌 1、0
⑦C大阪-磐田 1
⑧大宮-川崎 0、2
⑨G大阪-甲府 1、0
⑩愛媛-金沢 1
⑪福岡-大分 1
⑫横浜FC-松本 2
⑬名古屋-岡山 1、0
※0(引き分け4試合)

マルチ購入※ダブル4試合(⑥⑧⑨⑬)なので、投資金額は1,600円となります。
更に1もしくは2を追加します。

①横浜FM-浦和 1、2
②鹿島-FC東京 1、2
③広島-新潟 1
④清水-神戸 2
⑤鳥栖-柏 1、2
⑥仙台-札幌 1、0
⑦C大阪-磐田 1
⑧大宮-川崎 0、2
⑨G大阪-甲府 1、0
⑩愛媛-金沢 1
⑪福岡-大分 1
⑫横浜FC-松本 1、2
⑬名古屋-岡山 1、0
※1、2(ダブル3試合)追加

マルチ購入ダブル8試合(①②⑤⑥⑧⑨⑫⑬)なので、
投資金額は25,600円となります。シングル予想は5試合(③④⑦⑩⑪)となります。
更にトリプルを使ってみると、

⑧の大宮勝利1もマーク

①横浜FM-浦和 1、2
②鹿島-FC東京 1、2
③広島-新潟 1
④清水-神戸 2
⑤鳥栖-柏 1、2
⑥仙台-札幌 1、0
⑦C大阪-磐田 1
⑧大宮-川崎 10、2
⑨G大阪-甲府 1、0
⑩愛媛-金沢 1
⑪福岡-大分 1
⑫横浜FC-松本 1、2
⑬名古屋-岡山 1、0

マルチ購入ダブル7試合(①②⑤⑥⑨⑫⑬)、トリプル1試合(⑧)なので、
投資金額は38,400円となります。シングル予想は5試合(③④⑦⑩⑪)となります。
シングル5試合のうち2試合を外しても、残り11試合が全的中ならtoto3等GETです。

しかし初日を超えないことにはtotoの当選はできません。
まずはJ1ゲーム初日(8試合)を全的中させることに重きを置くなら、
ダブルとトリプルの配分をJ1に傾ける必要があります。
その場合、⑫と⑬のダブルを取り消し、④に0を追加、⑦に2を追加、
③広島1と⑩~⑬までのJ2(4試合)を全てシングル勝負とします。

①横浜FM-浦和 1、2
②鹿島-FC東京 1、2
③広島-新潟 1
④清水-神戸 0、2
⑤鳥栖-柏 1、2
⑥仙台-札幌 1、0
⑦C大阪-磐田 1、2
⑧大宮-川崎 10、2
⑨G大阪-甲府 1、0
⑩愛媛-金沢 1
⑪福岡-大分 1
⑫横浜FC-松本 2
⑬名古屋-岡山 1

2017年Jリーグ開幕ゲームのtoto予想いかがでしょうか。
上記の他にも様々な買い方がありますので、予算の範囲内でバリエーション豊富な
購入方法を開発していきましょう。

2017年2月13日月曜日

第908回totoで3等GET

第908回totoに於いて3等をGETしました。照会番号:9200-3924-6960
購入金額400円で16,070円GETということで久々にコスパが良い結果となりましたが、
あと2試合で1等当選でした。惜しい。確実に取れたと思いますね。


この流れを継続して、Jリーグ開幕戦に照準を当てていきたいと思います。
ところで、Jリーグ開幕まで2週間を切りましたね!
今週末はゼロックススーパーカップがあります。いよいよ2017シーズンの開幕です。
本屋さんに行って、発売中のJリーグ選手年鑑を買って来なければ。。

2017年1月9日月曜日

横浜Fマリノス中村俊輔がジュビロ磐田に完全移籍

横浜Fマリノスの主将であり、10番を背負う横浜のファンタジスタ、
ウルトラレフティ、中村俊輔選手が2017シーズンよりジュビロ磐田に
完全移籍することが両クラブより発表されました。

横浜Fマリノス公式HP

ジュビロ磐田公式HP

歴代のミスターマリノス、木村和司氏、井原正己氏、松田直樹氏に次ぐ、
中村俊輔選手の移籍はマリノスというクラブの歴史に大きな影響を
与えるのは間違いありません。
コメントを見る限り、モンバエルツ監督との確執を連想させます。
クラブ側は社長直々に説得に当たったようですが、この度の完全移籍となりました。

提携しているシティー・フットボール・グループによるチーム強化・編成
の影響で、チームの若返りを図っていることは、モンバエルツ監督の
選手起用にも表われています。
今オフはGK榎本哲也の浦和レッズ完全移籍、右SB小林祐三のサガン鳥栖
完全移籍があり、MF兵藤慎剛のコンサドーレ札幌完全移籍も噂されています。
他にも選手移籍があるかもしれません。

中村俊輔は客を呼べる選手だからこそ、これまで様々な面で特別扱いを
されてきたと思います。俊輔は特別なんです。
スペインリーグのエスパニョールから戻って来た時も、
一度は交渉が上手くいかず、二度目に移籍が実現しました。

一度目はマリノス側からの誠意を感じられなかったという理由で
俊輔がオファーを固辞したわけですが、その後のマリノス側の歩み寄りで
俊輔の機嫌も治り、マリノスへの移籍が決まりました。
ちょうどミスターマリノス木村和司監督就任の時で、それからのマリノスは
中村俊輔が核となるチーム戦術、選手起用をしてきました。
その後、樋口靖洋氏が監督となってからも、マリノスは中村俊輔中心の
チームになっていきました。

彼が魅せられる選手であることは誰もが認めるところです。
しかし、サッカーは1人の選手だけを重宝して勝てるスポーツではありません。
ベテランで実績のある選手が、たとえクラブのレジェンド的存在であっても、
チーム戦術に沿わなければスタメンから外される、ベンチ入りもない、
これはプロとして当たり前のことです。

俊輔がジュビロ磐田で特別扱いして貰えるのなら、移籍は当然でしょう。
ですが、磐田が中村俊輔を中心とするチームになるのかと言えば、
現時点で確実なことは分かりません。
名波浩監督がレフティーのキッカーを求めているのは、
小林祐希が海外移籍したからでしょうし、名古屋から獲得したFW川又堅碁の
ヘッドにピンポイントで合わせられる正確なクロス、精度の高いFKを蹴れる
選手が必要だったのでしょう。

果たしてジュビロ磐田で俊輔が輝けるのかどうか。
現役生活を完全燃焼出来るのか、これは全く分かりません。
愛着のあるマリノスを出ていくという決断をした以上、
退路を断って磐田に行くのでしょうし、それは現アビスパ福岡監督の
井原正己氏の辿った道と同じかもしれません。
※井原氏は浦和レッズで現役引退後、柏のヘッドコーチを務め、
その後、福岡の監督になりました。以来マリノスには戻っていません。

これでマリノスは遂に脱俊輔のチームと生まれ変わることになりました。
正直言って、2017シーズンの戦いは非常に厳しいものになると思います。
しかし!それでいいんです!
J1で戦えるクラブでないなら、オリジナル10であろうが、
J2に落ちるのは当然です。
だからこれだけの決断をしたマリノスには何が何でも残留して貰いたいし、
少しでも上の順位を目指して欲しいと思います。

1人の選手を特別扱いするチーム戦術なんて観たくありません。
11人が連動して、躍動するサッカーが観たいのであって、そこに選手の能力、
技術の差があっても、組織として補えれば試合に勝てると思います。
これまでのマリノスは中村俊輔頼みのサッカーしかやってこなかった。
その変革の時がようやく来たということ。

マリノスの若手は俊輔移籍をポジティブに捉え、
失敗を恐れずに全力でプレーして欲しいと思います。
そしてこれまでマリノスを含め、日本サッカー界で数々の功績を残された
中村俊輔選手に心から敬意を表しつつ、
新天地での更なる活躍を期待したいと思います。

2017年1月7日土曜日

2017シーズンは毎週1等当選GET!

皆さま、あけましておめでとうございます。
2017年もよろしくお願いいたします。

昨年はシーズン終盤に仕事が多忙になり、ブログ更新することなく、
年越しを迎えました。大きな成果を得ることなく、シーズンを終了した
ことを大変悔しく思うとともに、今シーズンに対する強い思いをもって
2017年のお正月を過ごしました。

振り返れば過去2シーズンは2ステージ制の復刻もあり、
各ステージに於けるクラブの順位が試合に影響を与えました。
選手のモチベーションやクラブの戦術については2ステージならではの
采配、選手起用もあり、読みづらい部分もあったと思います。

年間勝ち点1位の浦和(2nd優勝)が優勝できず、3位の鹿島(1st優勝)が
総合優勝するというのも、大方の予想を覆す結果でしょう。

今シーズンは再び1シーズン制が戻ってきます。
※もう二度と2ステージ制にして貰いたくありませんが。
今年のJ1リーグは勝ち点1位のクラブには破格のボーナスが用意されています。

王者鹿島をはじめ、浦和、川崎、G大阪、広島、FC東京、それに柏、神戸が
優勝タイトルを狙ってくるでしょう。

各クラブが年間を通じ、総当たりで対戦することで、各クラブの戦い方を
分析し、且つ過去のデータも活きてくると思います。

そして分析したら勇気を持って投資すること!
購入が中途半端では13試合を全的中させることはできません。
昨年、5開催以上、10試合以上を的中させながら高額当選に至らなかったのは
勝負師として自分自身のメンタルの弱さだと反省しています。

今シーズンはtoto毎週1等当選をGETすべく、新しいチャレンジをしたいと思います。
具体的な内容は本ブログで公開していきます。

toto購入は日本のサッカー、そしてスポーツ振興に役立っています。
そしてtoto購入のリターンとして配当を得るのは素晴らしい経験です。
Jリーグがあることで、毎回最高の週末が迎えられることに感謝し、
Mr.Bigは今年も1年間toto購入にチャレンジいたします!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


Mr.Big